私ども老李グループでは、長崎中華街をはじめ長崎県内で4店舗を展開。「お客様に食の喜びを味わって頂ける最高の場をお届けしたい」という初代 李明の精神を受け継いでいます。

老李の由来

老李の老は、老舗と熟練した日のことを意味し、老李は初代(私の父)李明の時からの店名です。父は、小学校卒業後、一人住み込み修行を重ね、家族の家計を支えるため、戦後一人で南京より台湾、そして、1963年(昭和38年)初代李明は北京料理、広東料理、上海料理に並ぶ4大中華料理の一つ『台湾料理』を日本に伝えるべく、日本の西の玄関である港町長崎に、当時オープンしたば かりで人気も高く注目されていた、中華料理店『東亜閣』の総料理長として来崎した。

志しは消えることなく1980年、長崎市鍛冶屋町に『李唐苑』を創業するに至る。
1995年に思案橋に進出し、『李軒』を始め現在では『老李』グループ9店舗にその志しと味は継承されている。

公開日:
最終更新日:2015/05/01